アットナチュレのおうち性能

  • HOME »
  • アットナチュレのおうち性能

アットナチュレのおうち性能

耐震性能 構造ツーバイフォー

2×4(ツーバイフォー)住宅は地震に強いといわれるのには理由があります。
それは、6面体の面構造で支えるモノコック構造だからです。
床・壁・屋根が一体となったモノコック構造の2×4・2×6住宅は、地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散させます。地震による地震力が一定部分に集中する事がないため倒壊・破損がなく地震に対して抜群の強さ発揮いたします。

ですから、2×4・2×6工法住宅は地震に強い建物なのです。

在来工法の説明画像
ツーバイフォーの説明画像
APW330

国産材を使用しています♪

アットナチュレでは、一般社団法人全国木材組合連合会で認定された国産材を使用しています。
「国産材」マーク制度は、国産材の製品であることを表示するマークの適切な使用を通じて、国民に広く国産材利用の意義・重要性を普及啓発し、国産材の利用促進と消費者の製品選択を促し我が国の森林再生に資することを目的として創設されたものです。

≫国産材マーク推進会HPへ

耐震性能 ベタ基礎

ベタ基礎の説明画像

【ベタ基礎】とは、建物が立ち上がる範囲の地盤すべてに、鉄筋をサイの目に組み上げ建物の範囲すべてにベ-ス生コンクリートを15~20センチの厚さで流し込みます。
コンクリートが固まり次第、土台や力のかかる部分に立ち上りの型枠を組み上げ、30~40センチ程度の高さで生コンクリートを流し込み完了です。
ベース生コンクリートを建物の範囲すべてに流し込むことによって建物に掛る力を分散させ建物全体を支え、建物の重み・地震・台風・さまざまな力から建物を守る効果があります。

高断熱・高気密

標準仕様の発砲ウレタンフォーム断熱材は高気密・高断熱。だから、室内の温度差が少なくて、気持ちのいい家が作れます。
また、トイレや浴室など温度差が小さくなることで、冬場のヒートショック(急激な温度変化による血管収縮)にも配慮。
赤ちゃんからお年寄りまで、快適に暮らしていただけます。
だから、冬は暖かくて、夏は涼しい家なのです。

ウレタンフォームの写真

高気密・高断熱の建物に必要なサッシは…?
全棟標準仕様の高耐候性硬質塩化ビニール(PVC)製のフレームにLow-E仕様のペアガラスを組み込んだ高断熱サッシです。
ガラスとガラスの間に中空層があり、室外の温度差を直接室内に持ち込みません。そのため、断熱性能に優れており、結露の発生を軽減しております。
西日や紫外線もシャットアウトするので室内の日焼け防止にも効果を発揮します。
また、ペアガラス内に熱伝導率が低く安全なアルゴンガスを充填することにより、より断熱性に優れたガラスになっています。
ペアガラス窓の説明画像
APW330

【国内最高水準の断熱性能窓:APW330】

国内最高水準の断熱性能を持つAPW 330は、熱の出入りを抑えます。不快な結露も抑え、快適な空間が生まれます。

APW330


エコロジーに対する意識が高まり、家の窓も“環境への配慮”が問われる時代になりました。
そこで注目を集めているのが「樹脂窓」。断熱性に優れ、冷暖房の消費エネルギーを大幅に抑えられます。
APW 330は、そんな環境性能とデザイン性を高い次元で兼ね備えた、新しい樹脂窓です。

PAGETOP